ゴミの分別が重要になる

紙製品は資源ゴミになる

使い終わった書類やメモ用紙は、資源ゴミに捨ててください。
燃えるゴミに捨てると、リサイクルされないのでもったいないです。
紙製品はリサイクルすることで、新しい紙に生まれ変わります。
すると、森林を破壊しなくて済むので地球環境を守れるなど、たくさんのメリットが生まれます。

書類を資源ゴミに捨てる場合は、ホチキスが付いていないかチェックしてください。
余計なものが含まれていると、リサイクルできなくなってしまいます。
リサイクルするための機械を壊すかもしれないので、捨てる前にしっかり確認しなければいけません。
牛乳パックや食品トレイも、資源ゴミとしてリサイクルできます。
スーパーにも回収ボックスがあるので、利用しましょう。

ペットボトルを分けよう

プラスチックによく似ている製品なので、ペットボトルと一緒に捨てている人が見られます。
しかしその2つは全く異なる製品なので、絶対に一緒にしないでください。
それぞれをきちんと分別して、処分することを徹底してください。
缶にも、アルミやスチールがあります。
それも混同しやすいので注意しましょう。

わかりにくいものを簡単に見極めるため、製品のほとんどにリサイクルマークが記載されています。
プラスチックやペットボトルなど、素材の名前が書かれているのでどのような分別をすれば良いのかすぐに把握できるでしょう。
子供でも、積極的にリサイクルできると思います。
小さい頃から、地球環境を守るためにリサイクルが必要だと教えましょう。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ