買い取ってもらえないもの

安く家電を処分する場合

行政に依頼した場合も、不用品回収業者に任せた場合でも費用が発生します。
安い価格で済むのは、行政だと言われています。
低コストで家電を処分することを目標にしているなら、行政に連絡してください。
まず、処分したい家電があることを行政に伝えましょう
その時に種類や、家電の数を的確に伝えなければいけません。

申し込みが終わったら、コンビニなどで手数料を支払ってください。
支払いとシールが渡されるので、家電の見えるところに貼ってください。
シールが貼ってある不用品を、行政は回収してくれます。
剥がれていると、例え手数料を支払っていた場合でも回収できないので気を付けてください。
剥がれないよう、しっかりシールを貼りましょう。

不用品回収業者のメリット

価格は少々高くなってしまいますが、不用品回収業者には自宅まで来てくれる面がメリットです。
たくさんの家電があって、回収場所まで持って行くのが大変だという人がいるでしょう。
自宅に来てもらえば、負担を削減できるのでおすすめです。
また、24時間依頼できます。

急いで家電を処分しなければいけない時でも安心ですね。
どんな家電でも、業者は引き取ってくれます。
家電リサイクル法に該当するものは、行政は回収できません。
自分で購入したお店に持って行く必要がありますが、正直に言って面倒でしょう。
他の家電と一緒に、業者に引き取ってもらった方が手軽です。
正しい処分をしているのか調べて、信頼性の高い業者に連絡することを意識してください。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ